1. Home
  2. 新着情報
  3. プードルのトリミングはいつからする?子犬に注意してあげたいこと
2021-06-19
プードルのトリミングはいつからする?子犬に注意してあげたいこと

プードルはトリミングをして見た目を可愛く整えるのが楽しみの1つですよね。子犬のプードルを飼ったばかりだとトリミングにはいつから行っていいのか気になりますよね。

 

飼っているプードルに合ったトリミングをしてもらうために被毛の特徴を知っておきましょう。プードルのトリミングはいつから大丈夫か、しっかりとした根拠があります。サロンに行くまでにご自宅でできることもありますよ。

 

トリミングサロンを選ぶときに、どんな基準で選ぶと良いのかがわかると、安心して任せられますよね。健康全般をケアしてもらえるサロンを選んで、元気に長生きできる環境を整えてあげましょう。

 

プードルの種類や被毛の特徴を知って愛犬に合ったトリミングを

プードルは賢く飼いやすいのが特徴ですね。種類ごとに特徴が少し違うので、どんなトリミングをいつからすれば良いかの参考に被毛について知っておきましょう。

 

プードルは4種類に分けられる

プードルはもともと水猟犬で、水中で泳ぐのが得意な犬です。スタンダードプードルは、

平均20kg、大きい子は25kgになることもあります。以下の3つの種類はスタンダードプードルを改良してペットとして飼われるようになったプードルです。

 

・ミディアムプードル:12kgくらいの大きさ

・ミニチュアプードル:平均体重は6kgほどの大きさ

・トイプードル:日本で人気が高く、平均体重は4kgほど

 

プードルの被毛の特徴とは?

プードルは全種類通して、シングルコートで抜け毛が少ないですが、毛玉ができやすいです。水中での活動向けになっているので、毛質・皮膚が少し脂っぽいのが特徴です。すぐに伸びてくるので、プードルのトリミングに早く行きたくて「いつから行けるかな」と気が急いてしまう飼い主様も多いことでしょう。

 

ミディアムプードル・ミニチュアプードル・トイプードルは、毛がカールしていてフワフワしているのが特徴です。大きく分けて「カーリータイプ」「コーテッドタイプ」の2種類があります。

 

スタンダードプードルが他の3種類のプードルとはちょっと違う特徴があります。子犬のうちは、柔らかい毛質なのでふんわりとしたカットができますが、成犬になると、被毛は硬く、しっかりとした質感となります。

 

プードルのトリミングはいつから頼んでも大丈夫?

プードルのトリミングはいつからサロンに予約ができるのでしょうか。あまり早く行き過ぎると感染症にかかってしまうこともあるので注意しましょう。

 

子犬の頃に怖いのは感染症

生まれたばかりの頃は、母犬からの免疫があるのですが、生後2~3ヶ月頃から徐々に効果が減ってきます。1歳までの子犬は特に次のような感染症にかかる可能性があります。

 

・犬ジステンパー

くしゃみ・咳・発熱が症状です。重症化すると、麻痺が残ることもあります。

 

・パルボウィルス感染症

激しい嘔吐や下痢が症状です。突然死することもあります。

 

・犬伝染性肝炎

鼻水・高熱・涙・嘔吐などがあり、水を大量に飲んでいたら要注意です。

 

・犬コロナウイルス感染症

下痢や嘔吐・食欲低下などがあります。子犬は重症化することもあります。

 

サロンで予約するにはワクチン接種が必須

犬の感染症は、混合ワクチンで予防することができます。飼うときに、何回の接種が終わっているかを確認しましょう。3回目の接種は生後16週頃までに打つことになっているので、サロンでのプードルのトリミングは5ヶ月頃からが良いでしょう。

 

サロンによっては、プードルのトリミングをいつからできるかをワクチンの接種状況によって判断しますので、「いつ、何回の接種をしているか」を事前に確認しておくと良いですよ。

 

トリミングサロンに行くまでにご自宅でやっておきたいこと

サロンでは、初対面のトリマーにお任せしてトリミングをしてもらいますよね。プードルの中には神経質な性格の子もいるので、人間に触られることに極度の警戒心を抱かせないように、以下の2つをサロンに行くまでにやっておきましょう。

 

・人間に触れられるのを慣れてもらう

・人間との信頼関係を築く

 

そのためには、ブラッシングをしてあげると良いですよ。ラバーブラシなどの柔らかいブラシで体を撫でてあげるだけで大丈夫です。声をかけながら行うと、飼い主様とのコミュニケーションにもなります。

 

プードルのトリミングはいつからか相談したいときはどうする?

大切なプードルの子を安心してトリミングしてもらうために、いつからどんなポイントで探せばよいかを知っておきましょう。最近ではトリミングサロンだけでなく、トリミングも含めたグルーミングサロンもありますよ。

 

清潔で安心できるサロンかどうかを見学に行く

トリミングサロンはいろんな犬が来ますよね。みんなワクチン接種を終えているとはいえ、あまり清潔感がないサロンだと感染症が心配になります。

 

トリミングサロンでは、グッズが売っているところもあるので、それを目当てに見学するのもオススメです。掃除が行き届いているか、スタッフは丁寧に接しているかをチェックしましょう。

 

子犬のプードルのトリミングはウェルネスグルーミングサロン

ウェルネスグルーミングサロンでは、プードルのトリミングに加えて、耳掃除・爪切り・肛門腺絞りなどのグルーミングを行っております。プロのグルーマーがおり、「プードルの年齢に合ったトリミングはいつから行えばよいか」などの相談も承っております。

 

獣医師や動物看護士もいるので、安心してプードルのトリミングをお任せください!

 

まとめ

プードルの種類は4種類ありますが、どのプードルもシングルコートで被毛は脂っぽいという性質があります。プードルを飼ったらトリミングをしてあげたいけれど、いつから予約できるのかがわからないという方も多いでしょう。

 

子犬のプードルで気を付けるべきは感染症です。サロンへの予約は混合ワクチンの接種が終わる5ヶ月頃からがオススメです。それまでに、人間との信頼関係を築いておきましょう。

 

トリミングサロンを選ぶときは、清潔感があって安心できるサロンを選びましょう。ウェルネスグルーミングサロンでは、プードルの種類に合ったトリミングを行っております。「いつからどんなケアをするべきか」の相談も受け付けております。トリミングに加えて、健康面全般のケアも行っておりますので、お任せください。