1. Home
  2. 新着情報
  3. 猫のトリミングを東京でするなら?カットの種類と選び方は?
2021-06-14
猫のトリミングを東京でするなら?カットの種類と選び方は?

「猫のトリミングを東京でしたいけど、サロンの選び方が分からない…。」

「猫のトリミングにはどんな種類があるの?」

 

猫のトリミングは、犬に比べてあまり知られていないので、猫のトリミングを検討する飼い主さんはこのような悩みや疑問を抱えることが多いでしょう。「猫もトリミングができる」とは聞いたものの、詳しくは分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

猫のトリミングについて深く理解したうえで、愛猫を安心して預けられるサロンを選びたいですよね。

 

そこで今回は、猫のトリミングの必要性やカットの種類、サロンを選ぶときのポイントを紹介します。猫のトリミングに関する知識を身につけることで、自信をもってサロンを選べるようにしましょう。

 

猫のトリミングは必要?人気のあるカットは2種類!

長毛種の猫に毛玉ができてしまった場合はトリミングが必要になることがありますが、それ以外は基本的にトリミングの必要はありません。

 

ただ、美しくトリミングすることで愛猫の魅力を惹き出したり、夏にトリミングすることで熱中症予防になるほか、毛玉対策にもなります。長毛種はブラッシングのお手入れも楽になるでしょう。

 

必ずしも必要ではないために、犬のトリミングほど一般的にはなっていませんが、最近はトリミングをした猫の姿のかわいさが話題になるなど人気急上昇中です。年々、日本の夏が暑くなっていることからも、トリミングに注目する人が増えています。

 

見た目がかわいいライオンカット

 

ライオンカットは胴体部の毛を短くカットし、頭部の毛をそのままにすることで、たてがみのあるライオンような姿に仕上がるカットです。

 

足元だけ毛をそのままにしてブーツのような見た目にし、しっぽの先の毛をそのままにすることでよりライオンらしく仕上げることができます。

 

ライオンのような見た目がかわいいだけでなく、胴体部がスッキリすることから、熱中症対策にもなるカットです。猫のトリミングの中で最も人気があります。

 

熱中症対策にもなるサマーカット

 

サマーカットには、全身カットと部分カットがあります。

 

全身カットは、全身の毛を短くカットし、ツルツルとした見た目になります。熱中症対策はもちろん、皮膚の状態が確認しやすいことから、皮膚病への対応がしやすくなるのがメリットです。毛玉対策にもなりますよ。

 

ツルツルとした見た目に抵抗がある場合は、部分カットにしましょう。毛玉ができやすい箇所を部分的にカットしたり、すきばさみで量を減らすことでお手入れがしやすくなります。

 

猫だからこそ!サロンを選ぶときの2つのポイントって?

 

猫は、犬以上にストレスを感じやすく、神経質な猫にとってはトリミングは大きな負担になると言われています。

 

また、興奮状態になることもあり、大人しくトリミングを受けてくれるとは限りません。暴れたり、噛みついたりすることもあります。猫のトリミングが一般的になっていないのは、猫をトリミングすること自体が難しいからです。

 

そのため、猫のトリミングをするサロンを選ぶ際には、慎重に検討しなければなりません。サロンを選ぶ際の2つのポイントを紹介しますので、参考にしてください。

 

猫にストレスのかからない環境

 

猫は知らない場所で知らない人に触れられることをとても怖がる性質があります。そのうえ、水が嫌いなのでシャンプーもストレスです。猫の扱いに慣れたトリマーがいるサロンを選びましょう。また、飼い主が付き添えるサロンだと、猫も安心できるかもしれません。

 

激しく暴れる猫への対応

 

猫が慣れない環境下でパニックになってしまったときに適切な対応ができるサロンを選ぶことが大切です。動物病院併設のサロンであれば、鎮痛剤の使用が認められますが、獣医のいないサロンの場合は押さえつけるしかありません。

 

猫に異変が生じたときの対応も考えると、動物病院併設のサロンがおすすめです。

 

猫のトリミングを東京で考えているなら

ウェルネスグルーミングサロンでは、猫のトリミングは取り扱っていませんが、猫向けのシャンプーや爪切りなどのグルーミングサービスを提供しています。

 

所在地は東京都大田区で、池上駅から徒歩4分の立地です。

 

猫のトリミングは動物病院併設のサロンがおすすめですが、猫の毛は1度トリミングすると、元に戻るまで1年ほどかかります。その間、トリミングは不要ですが、プロにシャンプーや爪切りをしてもらいたいという場合があるでしょう。

 

シャンプーは短毛種の場合で半年に1回、長毛種で多くて月に1回の頻度が理想だと言われています。

 

しっかりとカウンセリングをしてもらえるほか、グルーミングの様子を飼い主が拝見できる見守りスペースもありますので、愛猫が心配な方にもおすすめです。

 

東京で猫のグルーミングがしたい場合は、ぜひ選択肢に加えて検討してみてくださいね。

 

まとめ

今回の内容をおさらいすると、以下の3点となります。

 

・猫のトリミングは必須ではないが、熱中症対策や毛玉対策などに効果を発揮する

・猫にストレスのかからない環境とパニック時の対応に注目してサロンを選ぶのがおすすめ

・東京にあるウェルネスグルーミングサロンでは猫のグルーミングができる

 

猫のトリミングは、見た目のかわいさや熱中症対策、毛玉対策などメリットも多いですが、猫にとって大きな負担となるリスクもあります。

 

神経質な猫かどうかを見極める意味でも、トリミングの前に、シャンプーや爪切りのみのグルーミングを試してみても良いかもしれません。トリミングは、愛猫に無理のない範囲で検討しましょう。